FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.10.03

懐古主義的昼下がり

まいど。
昨日は、副官ボーナスGET→軽く消化して即ログアウト。
超ライトなプレイっぷりのTacです。

ログアウトしたあとは、FF3。

一応、リメイクにあたって見た目はガラッと変わってますが、
内容自体には、あまり手を入れてない様子。
おかげで、現在の基準から考えると、かなり不親切に思える仕様です。

だが、それがいい。

次にどこに行くかは、プレイヤー自身が遊び心持って探索しないと分からない。
どのジョブが有利かなんて、誰も指摘してくれない。

もうね、中ボスあたりもダラダラと喋ったりしません。
オーディーンあたりなんて、
「我の眠りを妨げるのは誰だ・・・」
と言ったと思ったら、即戦闘突入ですよw

敵っぽい → とりあえず、戦闘
みたいな。

ボスの全体攻撃でHPの9割持っていくような攻撃を連発するようなのもいるし、
ジョブシステムを柔軟に運用して作戦練るか、がっつりレベル上げしないと進めない感じです。
私はどっちかというと前者の形が好きなので、
ボス突撃→軽く一掃される→作戦タイム→ちょっと練習→再突撃
みたいなことを繰り返しています。
これがまた楽しい。
ゲームの楽しさの源泉は、トライ・アンド・エラーにあると再認識しました。

プレイヤーを軽く屠るようなゲームってのは一歩間違うとクソゲーですけど、
良いバランスのうえに乗せてやると神ゲーに進化できるんですよね。


大航海時代の冒険の場合、明確な"敵"がいるわけではないので難しい。
一部の暗号クエなどを除いて、(作戦を)練る楽しさというのが薄いですね。
どうしても、マッタリコレクションプレイになりがちです。
変に他社のMMOを真似るより、
昔のゲームからヒントを得てもいいんじゃないかなーと思う昨今なのでした。


この記事へのトラックバックURL
http://tac502.blog53.fc2.com/tb.php/368-1a083207
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。