FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.01.31

部曲戦もなかなか

まいど。
日曜の合戦に引き続き、月曜は部曲戦に参加してきました。
部曲戦は、MAX 25vs25 の戦闘です。
戦闘MAPは合戦のものよりコンパクトな感じで、
オブジェクトも少なく(ないかも)、
戦闘行為に的を絞った仕様のものです。

前日の合戦の教訓から、
徒党編成では、連合内の役割に特化した編成がなされていました。
つまり、遠距離での撃ち合いのための弓隊、
突撃用の槍隊といった感じに同じ系統で徒党を組みます。
このように同一系統で徒党を組むことによって、
陣形効果を最大限に活用することができるようになります。


んで、まぁ、結果は錬度に勝る敵部曲さんに負けたわけですが、
(私が所属する部曲は、部曲戦デビューだった)
敗戦から得るものは多かったですね。


一.防御側有利である
鉄壁の陣が強いです。
要地(橋のたもとなど)にまとまって布陣されると、ちょっとやそっとでは撃破できません。
部曲戦をやりなれてる敵さんは陽動もさすがのもんでした。

一.伏兵は面白い
槍持ちから見て、伏兵からの奇襲は面白かったです。
普通に突撃すると、たいていは弓迎撃により敵陣に到着することすら困難でしたが、
敵陣にタッチできれば、槍は本領発揮できますから。
おかげさまで、4回くらい奇襲して、1人も殺らずに死んだことはありませんでした。


現状、部曲戦は、
小競り合い→リードを奪った方が鉄壁でまとまる→時間内、リードを守って勝利
という守り勝ちな状態になってないでしょうか。
ある意味でリアルなのかもしれませんが、ちょっとつまんないかも。
初めは簡単な戦術が幅をきかすのは、どんなゲームでも同じことですけどね。


まだ粗々なバランスですが、
合戦・部曲戦などのRvR部分は、良い出来だと思います。
どっちかというとRTSの1ユニットとなって動いてる感覚ですけど。

ただ、なんとしても追加してほしい要素は一騎打ちです。
三國志といえば、コレでしょう!(・∀・)

橋の両側で睨み合いになったとき、なんど大声で名乗りを上げたくなったか!
皆がイライラしてるときに一歩進み出て
「やあやあ我こそは・・・」
なんて大声出して敵に呼びかけるのも一興です(勇者厨丸出しですがw)。

ちなみに、橋の真ん中で敵代表と槍を交わす場面を想像してもwktkですが、
残念ながら、勝っても負けても戦局には何ら影響はありません。
ま、戦場が一騎打ちだらけになってもウザいだけですが、
部曲戦レベルなら、代表者決めておいて、両軍合意のうえで一騎打ち開始、
勝った部曲側に攻撃・防御大幅UP、くらいの仕様はあってもよいかと。
膠着状態になりやすい現仕様へのテコ入れとしてもね。


ちなみに火曜はリアルの所用(ログインはしてた)で、部曲戦には参加できず。
あとで部曲チャット見ると、だんだんと皆さん戦術が高度化していたようで、
自分が取り残されてる感じになってきます。
2週間しかないCβで、1日の練度の差は大きいですね。
まだ、部曲入ってない人は、部曲入って部曲戦しましょう。
mob狩りでクソゲーと思ってたのが180度評価変わりますよ(o^ー')b


この記事へのトラックバックURL
http://tac502.blog53.fc2.com/tb.php/404-f7d9ccc4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
はじめまして。魏の部曲「義侠」の帰蝶といいます。
一騎打ち、おもしろいですね^-^
一度、部曲同士で話してあってやってみるのもいいかと思います。
勝手ながらリンクさせてください。
Posted by 帰蝶 at 2007.02.01 02:07 | 編集
はじめまして、帰蝶さん!
リンク、大歓迎です。
今後ともよろしくです。

それにしても、今晩は魏に完敗でした。
明日こそは・・・仕事で戻れないだろうなぁw
Posted by Tac at 2007.02.01 23:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。