--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.06.13

チキン南蛮

まいど。

少しだけ南蛮貿易に手を出してみました。
「とりあえず特産品上納して許可貰って、物々交換すればいいんだろう」
くらいの認識でしたので、マスケ銃とウィスキーを
各300ずつ積んで日本へ。


許可申請はスムーズでした。
どれだけ納品すれば許可されるのか画面見て判断できたので
ウィスキーを200程度渡して、長崎の交易許可ゲット。

続いて、物々交換を開始。
この仕組みがいまいちよく分からない。
差し出す交易品を選択すると、ズラッと並ぶ交換対象。

ただ、その数はマチマチで、
しかもウィスキーの余りと、マスケ銃300挺とで交換できる数にそんな大差ない。

おまけにウィスキーの交換時には貢献度がもらえたけど、
マスケ銃のときには、「そんなもん(゚⊿゚)イラネ」的なコメントが。
あまり


他の人も持ち込み具合とかも勘案しつつ、
交換対象品の在庫変動も押さえて・・・という感じかな。
「○○積んどけば間違いないだろう」という
思考停止野郎にはビジネスなんか向いてないんだぜーという仕様ですね。

【今回の教訓】「マスケ積んどけば間違いないだろう」は止めた方がよい。


この仕様だと、自分で勝負できるのはC3の織物くらいかな。
あとはC1の【鳥の羽むしって羽毛+麦系から工芸で酒】の生産コンビと、
【素で大量に購入できる嗜好品・工業品】あたりが勝負球でしょうか。
調べてないけど。
ってか、インドより東側の交易品、全然把握してないけど。



ほか、気付いた点としては、露天売りが使えそうな点。
現地売りしてる人たちは、Max40k程度で日本の名産品を露天売りしていました。
(サンプルは数名程度)
ヨーロッパでは、これが50k↑で売れるので
赤字なしでゴッソリ経験が稼げます。
というか、下手な交易品並みに"利益"出ます。

2nd育てたい人(つまり、私)にとっては、
手間なく経験が稼げて大変ありがたい状況だといえるので、
相場が変わらないうちに、ピストン輸送しよかな・・・


ぱぱらっち
▲しおり的に、今日はここまで。

この記事へのトラックバックURL
http://tac502.blog53.fc2.com/tb.php/418-4f44c6ec
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
取り敢えずインした時にでもコメントしますです。
Posted by 自堕落 at 2010.06.14 11:46 | 編集
よろしくお願いします、ジッダラ先生!
Posted by Tac at 2010.06.15 22:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。