FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.07.13

祭り衣装の縫製法の巻

まいど。

アップデートがきましたね。
朝鮮地域の実装とか商館云々、いろいろあるようですが、
個人的には、なんといっても副官船長の任命条件緩和が一番大きいです。

交易は商い量が命ですから、搭載量が増えることは単純に嬉しく
南蛮交易もやりがいがあるってもんです。
しばらくやらないだろうけどw


さて、縫製の旅もかなり進んできましたので、
シエルさんにバタデコーラを試着してもらいました。

赤
▲赤。バタデコーラといえばフラメンコ。情熱の赤がとてもよく似合います。

黒
▲黒。シルエットは美しいけど単調すぎ?黒ジョーゼットのが好みかも。

黄
▲黄。思ったより落ち着いた華を感じさせてくれます。

青
▲青。これは清々しい青。ちなみにバザーしたら真っ先に売れました。


首元にはこんな感じのネックレス(チョーカー?)がついてて
良い感じのアクセントになっています。
首元

さらにちなみに、背中。
ラインが綺麗に出てます。
背中



で、気になるお値段は!(←このへん、商人)

①各色の染料×20
②絹生地×20
③ししゅう糸×20

というレシピなので、

①採集できればタダ
②PFで生糸を産出できれば余裕
③PFで生糸(以下略

であり、割とお手頃価格で量産が可能。
(青だけは、マヤンブルーの調達が少し厄介だけど)

ある意味、スペインを代表するドレスだと思うので
セビリアでの催しがあれば、大量生産してバザってみるのも一興ですね。

【今後の課題】
スクリーンショットを撮るときは自分が写らないよう腕を磨くこと!


この記事へのトラックバックURL
http://tac502.blog53.fc2.com/tb.php/429-1c3b75fe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。